fbpx
»
あなたが頂上だと思っているものは、ほんの一歩に過ぎない。(Istud, quod tu summum putas, gradus est)
Lucius Aenneus Seneca, calles Seneca the younger

ドローテア・ホーファー博士

理学博士、理学修士(物理学)
ドイツ弁理士 , 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士
欧州統一特許裁判所訴訟代理人

+49 89 69 39 21-0hofer@pruefer.eu

職務経歴

経歴:
ドローテア・ホーファー博士は1993年からプリューファー&パートナーに勤務し、1998年からマネージング・パートナーを務めています。ミュンヘン大学(LMU)で物理学の博士号を取得しました。ミュンヘン大学(LMU)で物理学を学んだ後、ジーメンス社で半導体物理の分野にも携わりました。

言語:
ドイツ語、英語、フランス語

専門分野

業務分野:

  • 争訟手続の実施:
    • 特許・実用新案権侵害訴訟(ミュンヘン、デュッセルドルフ、マンハイム、ハンブルグの各地方裁判所および管轄高等裁判所にて)
    • 欧州特許庁およびドイツ特許商標庁での異議申立手続き、および連邦特許裁判所および連邦最高裁判所での無効審判手続き。
  • イタリア、フランス、日本、米国など、海外での特許侵害訴訟における外国人同僚との協力。
  • USPTOの要求事項を考慮した特許出願書類の作成。
  • 特許付与手続きにおける活動。
  • 職務発明に関するアドバイス。
  • ライセンス契約書の作成。
  • 研究協力協定に関するアドバイス。
  • 商標・意匠に関するアドバイス。

専門分野:

  • 物理学
  • 医療技術
  • 2D・3Dプリンティング
  • 半導体

出版物および会員資格

出版物

D. ホーファー他「96Zrの非弾性散乱実験からの直接励起と多重励起」、日本応用物理学会誌A 551 (1993)、173-209

D.ホーファー、W.シュトッカー「1 つの空間座標に依存するスカラーポテンシャルのディラック粒子」(1989)、フィジックス・レターズA, 138, 463-464

会員資格

epi – 欧州特許協会
AIPPI – 国際知的財産保護協会 弁理士会
VPP – 知的財産専門家協会
GRUR – ドイツ産業所有権および著作権の保護に関する協会

»
楽観主義者の私にとって存在するのは、問題ではなく解決すべき課題。最適な解決策を得ようと頭を悩ませるとき、私はまるで謎を解き明かす研究者であるかのよう。

ユルゲン・フェルトマイヤー

工学修士(機械工学)、法学修士
ドイツ弁理士 , 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士
欧州統一特許裁判所訴訟代理人

+49 89 69 39 21-0feldmeier@pruefer.eu

職務経歴

経歴:
ユルゲン・フェルトマイヤーは1992年から弁理士を務め、2001年からはプリューファー&パートナーのマネージングパートナーです。
弁理士研修を受ける前に、BMWTechnik有限会社、Hurth社、Convotherm社で実務経験を積みました。
ミュンヘン工科大学で設計・開発を中心とした機械工学を学び、さらに法学修士号を取得しました(法学修士LL.M.欧州産業財産権法)。

言語:
ドイツ語(母語)、英語(ビジネスレベル)、フランス語(基礎知識程度)

専門分野

業務分野:

  • 特許、商標、意匠の出願手続き
  • 特許、商標、意匠に関する訴訟
  • ドイツ特許庁、欧州特許庁、連邦特許裁判所、欧州連合知的財産庁における審査手続の実施
  • ミュンヘン、デュッセルドルフ、マンハイム、ハンブルグの各地方裁判所、カールスルーエ高等裁判所、デュッセルドルフ高等裁判所、連邦最高裁判所において、100件を超える特許訴訟(侵害訴訟、無効訴訟、異議申立訴訟)に参加

技術分野:
以下の分野の専門的な技術知識と経験を有します:

  • 自動車工学
  • 工作機械および部品
  • 精密工学、あらゆる種類の機械部品
  • 医療工学
  • スポーツ機器
  • メカトロニクス部品、制御工学
  • プロセス工学(特に食品産業向け)

出版物および会員資格

出版物

「欧州共同体法における(産業)知的財産の保護と考察」

会員資格

epi - 欧州特許協会 
ドイツ弁理士会
AIPPI - 国際知的財産保護協会
FICPI - 国際弁理士連盟
INTA - 国際商標協会
EPLIT - 欧州特許訴訟代理人協会
»
発想はプロフェッショナルな保護の下で実を結ぶ

アンドレアス・オーザー博士

理学博士、 理学修士(化学)、法学修士
ドイツ弁理士 , 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士
欧州統一特許裁判所訴訟代理人

+49 89 69 39 21-0oser@pruefer.eu

職務経歴

経歴:
アンドレアス・オーザーは1991年から知的財産分野の業務に携わり、1995年にドイツ特許商標庁および欧州特許庁の弁理士資格を取得、2002年からプリューファー&パートナーのマネージングパートナーを務めています。
また、法学修士(LL.M.、国際産業所有権法)(ハーゲン大学)を取得しています。
知的財産の分野で働く以前は、フライブルク・イン・ブレスラウ大学にて化学を学び、その後、ミュンヘンのマックス・プランク生化学研究所にて博士号を取得、ポスドクとして研究に従事しました。

言語:
ドイツ語、英語、フランス語

専門分野

業務分野:

  • 特許出願手続(明細書作成、審査手続)
  • 欧州特許庁における多数の異議申立手続および審判手続
  • 特許訴訟:
    • ドイツの裁判所での特許侵害訴訟
    • 最高裁である連邦司法裁判所まで至る無効訴訟、およびEU全域にわたり調整が必要な複雑な訴訟
  • 侵害鑑定、有効性鑑定、フリーダム・トゥ・オペレート(FTO)分析、デューディリジェンス

アンドレアス・オーザーは、とりわけ医療機器や重要な医薬品の数多くの紛争に過去から現在まで常時関与しています。

技術分野: _
化学、医薬、ライフサイエンス、バイオテクノロジー。特に:

  • 医薬品(有効成分、製剤)、バイオ医薬品
  • 生体材料、DNA関連発明、ワクチン
  • 治療・診断法
  • 医療製品・機器、標的薬物送達
  • 高分子、繊維材料、複合材料
  • 半導体、LED、有機EL、その他光学材料、光電子デバイス
  • 電池およびその部品

出版物および会員資格

出版物

Oser A. and Sonnenhauser S., JUVE Handbuch Wirtschaftskanzleien 2022/2023, 773-774: “Plausibilität – ein ungelöstes Problem bei der Patenterteilung”

T. シュミットおよびA.オーザー, GRUR Int 2019, 737:「既知の医療機器の新たな医療用途-欧州における医療機器の目的限定製品保護に関する新たな視点」

A.オーザー, GRUR Int 1998, 648 (=IIC 30, 1-18, 1999):「遺伝子配列の特許化」

A.オーザー, PATENTS & LICENSING 1998, 30:「バイオテクノロジー関連発明の法的保護に関する EU 指令」

A.オーザー、S.バヴェック, AIPPI Japan 2004 (Vol. 49 No.7), 503:「ヨーロッパにおけるバイオテクノロジー発明」

A.オーザー, GRUR Int 2006, 539 (=IIC 37, 520-550, 2006):「欧州特許訴訟協定-欧州における特許紛争規制の許容性と将来」

R.ティーム, H.ライ, A.オーザー, J.レーマン, S.リッセンベルク, W.ボースヨーロピアン・ジャーナル・オブ・バイオケミストリー160, 83-91 (1986)

A.オーザー, W.K.ロート ,G.ヴァレット, Nucleic Acids Research 16, 1181-1196 (1988)

A.オーザー, G.ヴァレットNucleic Acids Research 16, 8178 (1988)

G.ローテ, A.オーザー, G.ヴァレット, 自然科学 75, 354-355 (1988)

A.オーザー, M.コラシウス, G.ヴァレット,Analytical Biochemistry191(2), 295-301 (1990)

A.オーザー, G.ヴァレット, 応用化学国際版 29(10), 1167-1169 (1990)

G.ローテ, R.バナティ, A.オーザー, I.アスファルク・マハライト, W.F.マンゲル, W.マハライト, G.W.クロイツベルク, G.ヴァレット、ジャーナル・イミュニオグラフィー、1991年。メソッド138(1), 133-135 (1991)

A.オーザー, G.ヴァレット, 特許出願 WO8907606A, DE3804243A

会員資格

弁理士会
欧州特許協会(epi)
epi のバイオテクノロジー委員会メンバー
AIPPI – 国際知的財産保護協会
FICPI – 国際弁理士連盟
LES – ライセンシング・エグゼク・ィブ ソサエティ
GDCh – ドイツ化学協会

»
成功への鍵?人間的な技術と法律

クリスチャン・ゲルトナー博士

工学博士、工学修士(プロセス工学)
理学修士(化学工学 ウィスコンシン大学)
ドイツ弁理士 , 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士
欧州統一特許裁判所訴訟代理人

+49 89 69 39 21-0gaertner@pruefer.eu

職務経歴

経歴:
クリスチャン・ゲルトナー博士は2013年12月にプリューファー&パートナーに入所し、2017年よりドイツ弁理士および欧州弁理士として活動しています。彼はそれ以前にミュンヘン工科大学第2技術化学講座の助手を務め、炭化水素の脱水素に関する触媒開発においてブリュッセルのSolvay SA社との協力プロジェクトの責任者を務めました。
さらにその前、クリステアン・ゲルトナー博士は、ウィスコンシン大学マディソン校(米国)の化学・生物工学部のジェームズ・A・デュメジッチ教授のもと、不均一系触媒グループの研究助手として、バイオマスから燃料への変換を研究しました。彼は同校で化学工学の理学修士号を取得しました。
クリステアン・ゲルトナー博士は、BASF SE社(技術開発、酸性ガス洗浄)およびロベルト・ボッシュ社(ヴァイブリンゲン、プラスチック技術部)での実習を通じて、産業界での実践的な経験を積みました。
クリステアン・ゲルトナー博士は、シュトゥットガルト大学でプロセスエンジニアリングを専攻し、優秀な成績で卒業しました。

言語:
ドイツ語、英語、スペイン語

専門分野

業務分野:

  • ドイツ特許商標庁と欧州特許庁での特許付与手続き
  • 異議申立・審判手続き
  • 鑑定
  • 特許訴訟手続きへの参加

技術分野:

  • 不均一系触媒
  • プロセス工学
  • 化学プロセス
  • 材料
  • 反応工学
  • 熱力学
  • 食品技術
  • 医療技術
  • 製剤
  • スポーツ機器

出版物および会員資格

出版物

C.A.ゲルトナー, A.C.ヴァン・ヴェーン, J.A.レルヒャー:「動的に転位する担持塩化物触媒上でのエタンの酸化的脱水素反応」, アメリカ化学会誌 136 (36), 12691-12701

C.A.ゲルトナー, A.C.ヴァン・ヴェーン, J.A.レルヒャー:「エタンの酸化的脱水素反応に対する高選択性担持塩化アルカリ触媒」、触媒のトピックス 57 (14-16), 1236-1247

C.A.ゲルトナー, A.C.ヴァン・ヴェーン, J.A.レルヒャー:「エタンの酸化的脱水素反応:共通原理と機構的側面」、ChemCatChem 5 (11), 3177-3403

C.A.ゲルトナー, J.C.セラーノ・ルイス, D.J.ブラーデン, J.A.ドメシック:「バイオマスアップグレードプロセスとしてのセリア-ジルコニア上でのカルボン酸およびエステルのケトン化反応」, 産業化学・工業化学研究49 (13), 6027-6033

C.A.ゲルトナー, J.C.セラーノ・ルイス, D.J.ブラーデン, J.A.ドメシック:「ケトン化によるバイオオイルの触媒的アップグレード」, ChemSusChem 2 (12), 1121-1124

C.A.ゲルトナー, J.C.セラーノ・ルイス, D.J.ブラーデン, J.A.ドメシック:「バイオマス変換の処理段階としてのケトン化によるカルボン酸の触媒的カップリング」, 触媒学雑誌 266 (1), 71-78

E.L.クンケス, D.A.シモネッティ, R.M.ウェスト, J.C.セラーノ・ルイス, C.A.ゲルトナー, J.A.ドメシック:「バイオマスの単官能炭化水素への触媒変換と液体燃料クラス」、サイエンス 322 (5900), 417-421

R.M.ウェスト, Z.Y.リュー, M.ペーター, C.A.ゲルトナー, J.A.ドメシック:「二相系でのアルドール縮合によるバイオマス由来フルフラールおよびケトンの炭素-炭素結合形成」、ジャーナル・オブ・モレキュラー・キャタリシス A: Chemical 296 (1), 18-27

会員資格

ドイツ弁理士会
epi – 欧州特許協会
FICPI – 国際弁理士連盟
VDI – ドイツ技術者協会
DECHEMA – 財団法人化学工学・バイオテクノロジー協会

»
成功は信頼から生まれる。

スザンネ・ゾンネンハウザー博士

理学博士、理学修士(生物学)
ドイツ弁理士 , 欧州特許弁理士, 欧州商標意匠弁理士
欧州統一特許裁判所訴訟代理人

+49 89 69 39 21-0sonnenhauser@pruefer.eu

職務経歴

経歴:
スザンネ・ゾンネンハウザーは、2005年より知的財産権業務に携わり、ドイツ弁理士および欧州弁理士の資格を有しています。2008年にプリューファー&パートナー事務所に入所。
ミュンヘン工科大学で遺伝学、微生物学、免疫学に重点をおいた生物学を専攻し、2001年にシグナル伝達分析に関する論文で修士課程卒業。さらに、免疫反応の制御の分野で博士号を取得。

言語:ドイツ語、英語、フランス語(基礎知識)

専門分野

業務分野:

  • 特許出願手続(明細書作成、審査手続)
  • 異議申立および審判手続
  • 侵害鑑定、有効性鑑定、FTO分析、デューデリジェンス
  • 商標に関するアドバイス(商標出願、商標戦略の立案、商標ポートフォリオの構築)

技術分野:

製薬、ライフサイエンス、バイオテクノロジー、特に以下の分野

  • 医薬品(有効成分、製剤)、バイオ医薬品
  • ウイルス学および遺伝子工学
  • 生物材料、DNA関連発明、ワクチン
  • 治療法および診断法
  • 医療製品および機器、標的ドラッグデリバリー
  • 医療技術(バルーンカテーテルなど)

出版物および会員資格

出版物

Oser A. and Sonnenhauser S., JUVE Handbuch Wirtschaftskanzleien 2022/2023, 773-774: “Plausibilität – ein ungelöstes Problem bei der Patenterteilung”

 

会員資格

弁理士会
epi – 欧州特許協会
FICPI – 国際弁理士連盟

»
複雑な課題は、スキーの回転競技のようなもの。目指すのは理想のラインを描くこと。

マリオン・ジリオックス

職務経歴

経歴:
マリオン・ジリオックスは2011年よりプリューファー&パートナー法律事務所で弁護士を務めています。それ以前は、ミュンヘンのバルデール・パーゲンベルク事務所と中規模の特許事務所で実務に携わっていました。フライブルク・イン・ブレスラウ大学で法学を修めました。

言語:
ドイツ語、フランス語(第二母語)、英語、スペイン語。イタリア語の十分な知識

専門分野

業務分野:

  • 様々な技術分野における侵害訴訟に関する助言および訴訟
  • 知的財産関連の契約事項および著作権法、特に研究開発契約、ライセンス契約、販売契約に関する助言および作成
  • 業界に関連する経験:機械工学、自動車、医療技術、建設、鉄道車両、廃水技術、計測技術、化学、医薬、家電、ソフトウェア、スポーツ用品、ファッション、家具、高級品、ワイン

専門分野:

  • 特許法および商標法
  • 知財契約
  • 知財関連の独占禁止法および競争法
  • 著作権、意匠法、および従業員発明法

出版物および会員資格

出版物

出版物なし

会員資格

会員資格なし